ここから本文です。

生石灰

石灰石の主成分である炭酸カルシウム(CaCO3)を1,000~1,500℃以上で焼成することにより、生石灰の主成分である酸化カルシウム(CaO)と炭酸ガス(CO2)に熱分解され、製品となります。
鉄鋼用では製鋼用、焼結用、脱硫用等として使用されています。その他の用途では土質安定処理用、中和処理用、肥料用として使用されています。
当社工場では、現在ロータリーキルン2基で1,200t/dの生産能力を有し、主に陸上輸送にて出荷しています。

+5mm生石灰(バラ・1tフレコン)

5~20mmの生石灰で主に製鋼用に使用されます。

+5mm生石灰イメージ+5mm生石灰イメージ

5mm生石灰フレコンイメージ+5mm生石灰フレコンイメージ

-3mm生石灰(バラ・1tフレコン)

0~3mmの生石灰で主に焼結用、土質安定処理用に使用されます。

製品の特徴

  1. 粉分が多いので反応が良くなります。

-3mm生石灰イメージ-3mm生石灰

-3mm生石灰フレコンイメージ-3mm生石灰フレコン

1~3mm生石灰(バラ・1tフレコン)

1~3mmの生石灰で主に中和処理、肥料、土質安定処理に使用されます。

製品の特徴

  1. 粉分がないので使用時の飛散を抑える事ができます。

1~3mm生石灰1~3mm生石灰

1~3mm生石灰フレコン1~3mm生石灰フレコン

微粉生石灰(バラ・1tフレコン)

パウダー状の生石灰で主に脱硫用、中和処理に使用されます。

製品の特徴

  1. サイズ=200メッシュ通過80%以上。
  2. 反応が良い。

微粉生石灰イメージ微粉生石灰

微粉生石灰フレコンイメージ微粉生石灰フレコン